山口農園日記

極寒

2021-01-25

2021年が始まり、もう2月になろうとしていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
本日は調整部がお送りします。

多くの人がご存知の通り、年末年始強力な寒波が来て大変寒い日々が続きました。
当農園も奈良県宇陀市という奈良県でも特に冬の寒さが厳しい場所に位置していますが、それにしても寒いです。

朝出勤すると室内がマイナス3度という極寒になっております。
外にある蛇口なんかは凍結して溶けるまで午前中使えない日がほとんどでした。
image0

これだけ寒いと実は野菜も凍ってしまいます。室内はマイナス3度ですが外はマイナス6度まで冷え込んでいます。
収穫する野菜も凍っていないかどうか注意しながら当社収穫部が収穫してくれるのですが、どうしても凍ったままの野菜が紛れ込んでしまいます。こういう凍ったままの野菜を出荷しないように細心の注意を払いながらの出荷調整作業をしています。野菜までもが凍ってしまう事態は久しぶりです。

image1

道は凍る、水道は凍る、野菜は凍る、ガラスは凍る。凍ってばっかりです。

そんな状況ですが野菜、植物というのは非常にたくましいもので、凍ってしまっても案外死んでしまうということもなく気温が上がると復活します。聞いたことのある方もおられるかもしれませんが、植物は自分の身体が凍らないように糖分を多く蓄えます。そのおかげで凍りにくくなっており、一見凍っているようでも、細胞は完全に凍っていないので復活出来るということだそうです。その性質があって冬の野菜には甘みがあると言われています。北海道で有名な寒締ほうれん草などが良く知られていますね。

そんな寒い時期ですが、しばらくして逆に温かくなると今度はとう立ちという現象があと数ヶ月程で現れるので、出荷調整作業は苦戦を強いられる季節に向かいます。色々と大変な時期ではありますが、今後も安全安心な有機野菜を出荷できるよう精進してまいりますので今後ともよろしくお願いします!

それでは!


新年明けましておめでとうございます!

2021-01-06

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年はコロナに始まりコロナで終わってしまったような年でした。
コロナの影響により今までに経験したこともないようなことの連続だったように思います。
今年は何とか無事に収まってほしいものですね。。。

5日は皆さん無事に笑顔で揃っての仕事始めとなりました。

当たり前が当たり前でなくなっている昨今、日々健康で仕事ができることに感謝し、
一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

皆さんにとって幸せ多き一年となりますように。

IMGP1710-1


奈良県のチベット高原 ようこそ宇陀へ ₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎

2020-12-25

皆さん、こんにちは。
教育部です。

いやぁ~、寒くなりましたね。
彡(´∀`;●)彡 ヒューヒュー

この辺りの冬は風が強く吹く傾向があり、体感温度が気温よりも低くなっちゃうんですよね~
いやぁ~、寒い寒い・・・(((=ω=)))ブルブル

数日前もほらこの通り・・・
KIMG1246-1
気温-1℃・・・
これ・・・ビニールハウス内ですよ。

残念な気持ちを抱きつつ、顔を上げると・・・
KIMG1248-1

KIMG1250-1
なんということでしょう~
綺麗な青空がのぞいております。

って、ビニール破れてるやんっ‼ ヽ(゚Д゚;)ノ!!

すぐさま修正して、ほらこの通りすっかり綺麗になりました。
KIMG1254-1

こんな日常ではありますが技術向上のため、訓練生は日々元気いっぱいに実習を行ってくれております。
KIMG1280-1
来年には職場実習も控えているのでしっかり育て上げますよ~

以上、教育部がお届けしました。

最後に・・・
本年も皆様には大変お世話になりました。
来年も山口農園スタッフ一同、よろしくお願い致します。
m(..)m


« 前の記事 次の記事 »
Copyright(c) 2011 山口農園 All Rights Reserved.