オーガニックアグリスクールNARAからのお知らせ

まだ間に合うよっ!! ─=≡Σ((( V๑◉∀◉)つ <イソゲー

2018-08-31

どうもこんにちは。 教育部です。
タイトルにもあります通り、「奈良県公共職業訓練 農業科」
申込締め切りが迫っております。

まずは先日、ハローワーク奈良と大和高田にて開催されましたハロトレ学校説明会や、
奈良県文化会館にて行われました、農のマッチングフェアにお越しいただきました
すべての方に、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。人´Д`*)ありがとぉ☆

皆さんの素晴らしいのお話を伺い、非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。
そののままに終わらせずにあるものにしませんか?
アグリスクールNARAではそんな皆様の農へ携わり方をお伝えします!!

さて、今回もお話してさせて頂いた方のほとんどは、
農業=「農家・作物を作る人」という考えをお持ちでした。
実はそうではないんですよ!!(ー△ー;)エッ、マジ?!!!

作物を作る人はもちろん、その作物を入れる容器や箱を作る人、
その商品を運ぶ人、その食材を調理・加工する人、
その工程を伝える人。
これ全部、農業の分野なんです。

しかも、これだけではありません。
農業と福祉事業を共に行う農福連携や、
最近よく耳にする6次産業化を農業のみではなく、
商業や工業と共にアイディアを出す農商工連携など、
今の農業は形を時代のニーズに合わせ様々に変化させています。

どうです?幅広いでしょ?
面白そうでしょ?楽しそうでしょ?

少しでもビビッと来たそこのあなたっ!!!!
今すぐ農園までご連絡を!!!!
来週は中頃に台風も接近しそうなので早めがいいですよ~

素敵な世界の入口
これから農業をお仕事にしようとしている方の登竜門
オーガニックアグリスクールNARAがあなたをお待ちしております。

以上、教育部がお届けいたしました。

みんな~、待ってるで~ q꒰*ゝω・꒱ノ″

ヾ(*´Д`*)ノ☆bye-bye☆ヾ(*´Д`*)ノ


平成30年 10月開校 「農業科」 受講生募集が始まりました。

2018-08-08

どうも、教育部です。

表題のように、次期の農業科募集が始まりました。
募集期間8月6日(月)~9月7日(金)となっております。

受講内容につきましては奈良県内の各ハローワーク
または、有限会社 山口農園 教育部 上(ウエ)までお問い合わせください。
農園の電話番号0745-82-2589となっております。
ビビっと来たそこのあなたっ!!
ビビっと来ていなくてもお気軽にお問い合わせください!!

素敵な農のある豊かな生活を描いてみませんか?

以上、簡単ではありますが教育部がお届けしました。


教育部 活動写真 「あ~夏休みっ!!編」

2018-07-19

どうもお久しぶりの教育部です。
いやぁ~、ですね・・・
KIMG1645-1

山口農園のある奈良県北東部では夕立の発生も少なく、
毎日うだるような暑さが続いております。
朝は刺すような日差しを受けながら農園に向かい、
ひぐらしゼミの声を聴きながら帰路に就く・・・
いやぁ~、もう完全に夏ですね(笑)
そんな中、アグリスクールは訓練期間の折り返しを迎えております。
メンバーそれぞれの進路もぼんやりとではありますが形になってき始めました。
次のステップをどう動くのか?
最終目標をどうするのか?
などの様々な想いを形にし始めております。

いろんな経験したからこそ自分の想いを持つことが出来る。
その場所にたどり着くまでの彼らの軌跡を今回はお届けしたいと思います。

果樹園では柿に摘果をさせていただきました。
KIMG1574-1
甘い実になるように、果実の数を制限することを「摘果」といいます。
普段何気なく食べている食べ物を作るためにこんな苦労があるのかと
衝撃を受けた方も多かったのではないでしょうか。

次は稲作です。
KIMG1617-1
こちらの農園では自然農法でお米の栽培をされており、手植えの体験をさせて頂きました。
環境の特性をよく理解し、その流れの中で作物を栽培するのが「自然農法」です。
その田んぼは除草剤を使わずとも周りの生き物が草を食べるため、
ほとんど草がありません。
ある意味、理想的な農法ですが誰にでも簡単に出来るものではありません。
草が無くなれば作物が食べられてしまう為、自然との調和が必要になり、
それを見極める感覚が必要になるからです。
う~ん、奥が深い・・・

最後に露地栽培です。
KIMG1631-1
山口農園ではビニールハウスを用いるため、
雨に影響されずに収穫を行うことが出来ますが、
露地栽培は収穫適期と天候を読み、そのタイミングを合わせる必要があります。
また、最近の異常気象が増えているという脅威もあり、
こちらもなかなか一筋縄では行きません。

このような刺激の中、
自分がやりたいスタイルはどのようにしようか?
どこで、何を作ろうか?」と考えるようになるんです。

さて、みんなはどこでどんな花を咲かせてくれるか楽しみですね~
農園ではこんな花が咲いてますよ~
KIMG1657-1
以上、教育部がお届けしました。


« 前の記事
Copyright(c) 2011 山口農園 All Rights Reserved.