6月, 2019年

夏野菜の近況報告~(^^)/

2019-06-26

こんにちは!営業販売部です(*^^)v

毎日、暑い日が続いておりますね~
近畿地方もいよいよ梅雨入りしそうです。

では、早速っ!!!
現在の夏野菜の状況をお伝えします。

まずは・・・大葉です☆
すでに出荷し始めているのですが、葉っぱの大きさもいい感じです。
除草作業中の係長と一緒にパチリッ Σ【◎】ω ̄*)パシャッ

DSC_0685DSC_0686

お次は・・・ツルムラサキです☆
こちらもいい感じに育っていますね!!!

DSC_0693

そして、夏のハーブといえば・・・バジル☆

DSC_0695

残るは・・・エンサイとモロヘイヤですね。
こちらはまだあともう少しのところ o(´・∀・` )。。。

エンサイ☆
DSC_0688DSC_0689

モロヘイヤ☆
DSC_0690DSC_0691

ではでは!!今年も山口農園の夏野菜をお楽しみください(@^^)/~~~


暑さ対策

2019-06-17

今回は研修生がお送りします。
4月から研修をさせてもらい、まもなく3か月が経過しようとしています。
6月に入り、気候も暖かくなってきましたね。
ときには暑いと感じる日も。
でも暑いのは我々だけじゃなく、野菜たちも同じなんですよね。
気温が上がると、これまでみたいに水やりをしても、すぐに土が乾いてしまいます。
水分がないと種は発芽してくれないので、播種後しばらくは、土を乾かさないようにして、発芽を促しています。
日差しが強いこの時期は、ハウスに寒冷紗をかけ、内部の温度上昇や直射日光を抑えています。
寒冷紗とは防虫ネットや不織布と似ていますが保温効果、防風効果、遮光効果などがあります。
そのため寒冷紗は初春など暖かくなる前では育苗などに使い夏は遮光目的、冬は保温や霜よけとして使われます。
寒冷紗はネットのように網目状になっていて保温性、通気性があり万能のように思えるかもしれませんが上手に使わないと黒い寒冷紗は特に遮光率が高いので日照不足のようになってしまうので季節や時期によって防虫ネットなどと使い分けるようと便利です。
寒冷紗を活用すると、確かにこれまでのように水分の蒸発が抑えられてる!
写真
寒冷紗をしているときは、寒冷紗をしていないときみたいに水をあげると、水分のあげ過ぎになって、種が酸欠になってしまうそうです。
寒冷紗をしているときと、していないときで、水のやり方(量や回数)も変わってくるので注意が必要なのです。
難しいな~と思うことも多々ありますが、日々の天候にも気を向けながら、研修を重ねて少しずついろんなスキルを身につけていければと思います!
これからまだまだ暑くなりますが、みなさん熱中症には注意していきましょう!
以上、研修生からでした。


初めまして。

2019-06-02

こんにちは調整部です。

そして初めまして。本日は、4月より調整部に社員として新たに入社しました私がお送りします。

さて、私4月に入社したと書きましたが、実はこの3月まで生産部の方で1年ほどパートとして働いていました。ですので新入社員ではありますが、新しい場所という感じがしていません。

ただ、やはり3月までは生産部で、4月からは調整部ということで、同じ会社ではありますが新しい環境になり、仕事の内容も大幅に変わりましたので日々格闘中でございます。

新たな場所でお仕事を初めて約2か月になり、まだまだ不慣れな点もございますが、お客様に野菜を届ける最終の場所として責任をもって、安全・安心なお野菜を皆様に届けていきたいと思いますので、これからも宜しくお願い致します。

写真は、5月より調整部にてパートとしてきてもらってる方です。一緒に頑張りましょう!IMG_1015


Copyright(c) 2011 山口農園 All Rights Reserved.