2020-07-04

みなさまこんにちは。調整部です。
梅雨も中盤に差し掛かりジメっとした嫌な天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

梅雨の次は夏本番ということで山口農園でも夏野菜がボチボチと旬を迎えています。

大葉の収穫は大変ですが、摘んだ時の香りが最高です。
image0 (1)<

さて、お話は変わりますが私家の方でオクラを栽培しております。
夏バテの防止にもなるあのネバネバをもう1週間ほどで味わえるまでに成長しております。
しかし、暑くなってくると奴らが現れます。そう害虫!!
うちのオクラの花に蟻がたかっています。調べてみると花の所から甘い蜜が分泌されているらしく、それを目当てにたかっているそうです。さらに葉っぱの裏には害虫の定番?アブラムシさんがついていました...
オクラ2

アブラムシと蟻は共生関係にあり、アブラムシが分泌する蜜が蟻のエサになり、その蜜を得るために蟻はアブラムシを他の天敵から守っているのだそうです。なんてやつらだ...
そんなアブラムシの天敵はてんとう虫。てんとう虫は一日にアブラムシを100匹くらい捕食するとのこと。そんなてんとう虫を飛べないように改良してアブラムシを捕食してもらって被害を軽減しようという方法が実際に使われているそうです。
調べると値段はそれなりにしますが、インターネットで普通に購入できるようです。
山口農園でも定期的にアブラムシの被害が起きているのでこういう手段もありかもしれませんね。

アブラムシの話になってしまいましたが、夏はこれからが本番です。
コロナで暑い中マスクをして息苦しいと感じる日々が本格的になっていきますが、熱中症にはくれぐれも注意しましょう。
それでは!!

Copyright(c) 2011 山口農園 All Rights Reserved.